アルカンジュは、フレンチアメリカン料理を基本としたテイクアウトキッチン/お弁当店舗です。
       〒186-0012 東京都国立市泉4-2-20 
電話番号042-505-4833
営業時間  11:00ー20:00
※朝早くのご予約もお電話にて承ります。
定休日 / 日曜日 

Welcom to Archange





























































サラダセットは、下のサラダからお選びください。






生ハムシーザーサラダ 
Uncured ham caesar salad
「シーザードレッシング」

イタリアの生ハムをサラダと共に飾り付けたワインとも相性が合うサラダです。
チキンシーザーサラダ      
Chicken caesar salad
「シーザードレッシング」

アメリカサラダの人気者、チキン胸肉をグリルしシーザードレッシングとの相性抜群の代表的なサラダ
コブサラダ         
Cobb salad
「コブドレッシング」

茹で卵もあり、ツナもあり、様々なサラダと盛り合わせたアメリカの賄いサラダ
アルカンジュ賄いサラダ     
Makanai salad
「イタリアンレッシング」

カニカマキングを季節の野菜で調理した隠れ人気メニュー、女性人気が熱いサラダです。
サラダにつきまして、季節の天候や不良によって食材が手に入らないこともございます。サラダ菜の内容を変更し盛りつけることがご了承ください。



















































































ルカンジュは、東京都国立市にテイクアウト専門店として誕生いたしました。
国産和牛に拘り 朝一番でお肉屋さんに挽いてもらい、アルカンジュのシェフが炒め玉ねぎとブレンドした塩コショウを入れ 
心を込め作る手作り和牛100%ハンバーグステーキをお楽しみください。

お電話にて御受付しておりますのでご連絡ください。

042-505-4833




 copyright©2013 Archange all rights reserved.



毎日のシェフの食事、色々あります。凝ったものから季節の食材・味見を兼ねた料理・新作メニュー代案
基本お賄いは、残り野菜やくず肉を使い料理の仕方や味付けを見習いが覚えるためにします。
それでもシェフが作る味を食べたり、デザインや盛り付けをみて学ぶのが大事ですね。



■ソーセージホットドッグ
賄いでこんなもん出してと言う方もいますが、シェフの気分や食材のタイミングを館得るとダメとも言えません。ランチでハンバーガーを食べる人がいるのと同じで賄でも十分表現できる料理かと思います。





■カジキマグロとインゲンニンニク炒め
魚とにんにくの使い方を学ぶにはわかりやすい料理賄かと思います。カジキマグロの肉質を硬くしないように火入れをおこない、風味と香りを楽しめるひと皿です。






■キーマカレー
カレーは賄い料理で、土曜日や日曜日。時間がないときには大量に作り誰でも食べれる賄の家庭料理です。カレールーを使うのがほとんどでしょうが、バターと玉ねぎ カレー粉で調整し調理します。





■牛肉のラグーソース
牛肉のはじの部分は残ったりスキミングで捨てるのはねと言う部分もすべて取っておきます。そのお肉を細かく切り刻んでソースを作りますが、このソースの名称がラグーソースです。トマトベースのものもあれば白ワインのものも存在します。イタリアではポピュラーなソースですね。ラグー・アッラ・ボロニェーゼ(ragù alla bolognese)これまた新人シェフでは必ず賄いでチャレンジする料理です。





■大人のナポリタン
子供のころ、ピーマンと玉ねぎとケチャップが定番な家庭料理、喫茶店でも出ていました。そんな懐かしい味もトマトピューレから味を足していくと大人の味へと変化していきます。少し故障が聞いた味などビールにも合いますしワインとも合います。賄を通じて、トマトソースの基礎を学んでほしいひと皿です。







■蟹玉丼
フランスで人気のカニカマ、炒めても天婦羅でもサラダでもなんでもオールマイティな食材でどんぶりをチョイス。朝ごはんでも深夜ご飯でも賄でも気軽に食べれる味です。出汁もⅠから作ることであたりを学ぶことができ卵の入れるタイミングでフワフワ感など覚えられます。






■ラタトゥイユ
夏野菜の定番のフランス郷土料理、パプリカやズッキーニなど使い色鮮やかな料理ですが日本の野菜でアレンジもOKです。賄では基本を学ぶためにトマトソースなどつかい甘さや塩加減をきちんと勉強させます。サイド付け合わせで発揮する料理、覚えてほしいものです。一晩寝せることで味も深みを与えてくれます。







■麻婆豆腐
少し硬めの木綿豆腐を用意し、炒めた挽肉とテンメンジャンなどで味を付けたソースに入れて煮込みます。炒めて煮るという技法も大事な調理勉強の一つです。辛さや甘さなどはシェフの子のみで作り味を出してみるのは微妙な加減勉強で大事です。麻婆豆腐は、色々アレンジできるので頼もしい賄い飯です。






■ ホットドッグ/HotDog
残り肉をミンチにしてトマトベースやデミグラスで煮込む
時間はできれば一晩は寝せて味をふくよかにさせることが大事ですね。賄だからすぐに調理して食べるということよりもあえて1日前を仕込みの日として作ることも両輪として、見習は覚えるべきことかと思いあmす。寝せて味が美味しくなるのであれば、これほど良いことはない


  
 

【 賄い日記ページへ 】

【 賄い日記ページ2 】

【 賄い日記ページ3 】

【 賄い日記ページ4 】


パスタ
煮物
ステーキ
どんぶり
サラダ
カリー

焼肉
パン/トースト